近頃、傷がつきにくい物や、コーティングに関する話題が増えているように感じませんか?
耐傷性(傷のつきにくさ)を高める方法として、一般的には下記のように3つの方法が考えられているように思います。

  1. 組織が破壊されにくいように硬くする。
    例)車のガラスコーティング、iPhoneのゴリラガラス(将来サファイアガラス?)
  2. 組織が破壊されにくいようにしなやかにする。
    例)トヨタ:セルフリストアリングコート、日産:スクラッチシールド :ポリロタキサン、BMW:BMW自己修復性耐すり傷塗装
  3. 組織が破壊されても形状を回復する。
    これから実用化が期待される新しい取り組み

このような、傷つきにくさの考え方や取り組みをまとめてみました。
くわしくはこちらをご覧ください。→ http://kirasaku-coating.blogspot.jp/2015/02/blog-post_19.html