ハイブリッドコーティング ~トップコートとして~

無機ガラスコーティングの欠点を補う、トップコートとして最高の機能性を発揮する「無機有機ハイブリッドコーティング」の役割と特徴について、くわしく説明いたします。

無機ガラスコーティングの欠点を補う、トップコートとして最高の機能性を発揮する「無機有機ハイブリッドコーティング」の役割と特徴について、くわしく説明いたします。→ http://kirasaku-coating.blogspot.jp/2015/06/blog-post.html

ハイブリッドコーティング ~ガラスコーティングとして~

弊社の無機有機ハイブリッドコーティングに対する、他社様のハイブリッドコーティングの違いを説明します。
ベースコートであるガラスコーティングにおけるハイブリッドコーティングに関する説明です。

弊社の無機有機ハイブリッドコーティングに対する、他社様のハイブリッドコーティングの違いを説明します。
ベースコートであるガラスコーティングにおけるハイブリッドコーティングに関する説明です。

以下のようなことについて説明しています。

  • これはハイブリッドコーティング?
    2階建て施工をおこなうことを「ハイブリッドコーティング」呼ぶのでしょうか?
  • これがハイブリッドコーティングです!
    弊社では、単体(1液)で、無機と有機の両方の性質を持たせたものを「ハイブリッドコーティング」と呼びます。

くわしくはこちらをお読みください。→ http://coating.th-angel.com/2015/05/blog-post_12.html

トップコートの選び方

ガラスコーティング(ベースコート)に対するトップコートの選び方についてまとめました。

ガラスコーティング(ベースコート)に対するトップコートの選び方について、下記のようなアイテムでまとめました。

  • トップコートに求められること
  • トップコートの現状
  • 弊社が考えるトップコート
  • コーティング剤の選択
  • よくあるご質問

くわしくは、「コーティング剤の選び方 ~トップコートとして~」http://kirasaku-coating.blogspot.jp/2015/03/blog-post_31.htmlをご覧ください。

ガラスコーティングを補うコーティング剤 ~メンテナンス剤として~

ガラスコーティングを補うメンテナンス剤としてのシリコーンレジンコーティングの特徴をまとめました。

カーディテイリングショップやカーディーラーなどで、ガラスコーティングを施工されたお客さまより、普段のお手入れに使えるコーティング剤はありませんか?との問い合わせをいただくことがあります。

弊社では下記のような理由により、シリコーンレジンによるコーティングをオススメしております。そのポイントは、下記の3項目を挙げさせていただきます。
1.ガラスコーティングの無機汚れ固着を防ぐ
2.ガラスコーティングの防汚性(撥水性)を補う
3.ガラスコーティングの美観を補う

くわしくは、こちらをご覧ください。→ http://kirasaku-coating.blogspot.com/2014/11/blog-post.html

ガラスコーティングの耐久性と光沢 ~膜厚と多層化リスク~

ガラスコーティングの多層化や膜厚との光沢や艶との関係や、耐久性とのトレードオフと弊害について説明します。

ガラスコーティングの多層化や膜厚との光沢や艶との関係や、耐久性とのトレードオフと弊害について説明します。
くわしくはこちらをご覧ください。→http://kirasaku-coating.blogspot.com/2014/09/blog-post_14.html

無機溶剤ガラスコーティングとは?

ガラスコーティングに関してときどき聞く怖い言葉「無機溶剤を使用した無機ガラスコーティング剤」とか、「無機溶剤を使ってガラスコーティングする」の【無機溶剤とは何か】について考えてみました。

「無機溶剤を使ってガラスコーティングする」とは、正確には「無機原料が溶け込んだ溶剤(実は有機溶剤)を使ってガラスコーティングする」ということになると思います。たぶんこれは、短縮したための少しおかしな表現と捉えることとしましょう。

もうひとつの「無機溶剤を使用した無機ガラスコーティング剤」とはいったい何でしょうか?

ガラスコーティングに関してときどき聞く怖い言葉「無機溶剤を使用した無機ガラスコーティング剤」とか、「無機溶剤を使ってガラスコーティングする」の【無機溶剤とは何か】について考えてみました。

くわしくは→ http://kirasaku-coating.blogspot.jp/2014/04/blog-post_14.html

ガラスコーティングにおけるクリスタル/クォーツやダイヤモンドの意味

ガラスコーティング剤の商品名に「クリスタル/クォーツ」や「ダイヤモンド」といった名前からすると結晶化した意味をイメージします。本当に結晶のガラスコーティングはないのですか?という疑問にお応えします。

ガラスコーティング剤の商品名に「クリスタル/クォーツ」や「ダイヤモンド」といった名前からすると結晶化した意味をイメージします。本当に結晶のガラスコーティングはないのですか?という疑問にお応えします。

くわしくはこちらをご覧ください。→http://kirasaku-coating.blogspot.jp/2014/03/blog-post_29.html

ガラスコーティング剤の一般販売について

ガラスコーティング剤の一般販売の施工リスクと、コーティング剤購入へのヒントとお知らせです。

ガラスコーティング剤の一般販売の施工リスクと、コーティング剤購入へのヒントをお知らせいたします。

くわしくはこちらをご覧ください。→http://kirasaku-coating.blogspot.jp/2014/03/blog-post_27.html

ガラスコーティングについて

弊社の低分子シランガラスコーティングに関するお知らせです。

自動車ボディ塗装や、建築内外装向けの弊社ガラスコーティング剤は、「低分子シラン」を主原料としております。

従来の高分子シラン原料ガラスコーティング剤を検証しながら、弊社がなぜ低分子シランを選択し、ガラスコーティング剤として開発製造しているのか、低分子シラン・ガラスコーティングの特性や機能について・・・

くわしくはこちらをご覧ください→ http://kirasaku-coating.blogspot.jp/2014/03/blog-post_12.html

ガラスコーティングの親水促進剤

ガラスコーティングの親水促進剤についてのお知らせです。

お客さまからガラスコーティングの親水性(低撥水性)を回復させるために、他社製品である親水促進剤を使用しても良いのか?とのご質問をいただきました。

他社の親水促進剤の成分をお聞きしましたら「過酸化水素」ということです。
うーん、過酸化水素を水に溶かしますと「過酸化水素水」となるわけです。これは漂白剤や酸化剤として広く使われており、殺菌消毒剤として身近な「オキシドール」でもあるわけです。

くわしくはこちらをご覧ください。→http://kirasaku-coating.blogspot.jp/2014/02/blog-post_28.html