ハイブリッドコーティング ~新しい無機有機タイプ~

ガラスコーティングの基本的な成り立ちとして、大きく分類しますと「無機コーティング」と「無機有機ハイブリッドコーティング」となります。それぞれのコーティングの特徴、機能性や用途についてまとめました。

ガラスコーティングの基本的な成り立ちとして、大きく分類しますと「無機コーティング」「無機有機ハイブリッドコーティング」となります。それぞれのコーティングの特徴、機能性や用途についてまとめました。

くわしくはこちらのブログ記事をご覧ください。 →http://kirasaku-coating.blogspot.com/2014/12/blog-post.html

 

ガラスコーティング剤(危険物)の海外輸出について

ガラスコーティング剤(危険物)の海外輸出する際の留意点などについてまとめました。

ガラスコーティング剤を輸出する際に、引火点と沸点(初留点)に留意しなければなりません。

IATA(※1)では、液体の危険物を分類する基準として、国連GHS(※2)の引火性液体の分類基準に基づき、包装等級あるいは、容器等級を決めています。航空輸送に限らず海上輸送についても同様の法令などがあると考えられます。

留意事項などくわしくは弊社ブログをご覧ください。→http://kirasaku-coating.blogspot.jp/2014/05/blog-post_14.html

新しい低分子シランガラスコーティング剤の密着性はどうなの?

ガラスコーティング剤が塗装表面に密着する仕組みをおさらいしながら、新しい無機・有機ハイブリッド低分子シランなど各種ガラスコーティングの密着性を検証しました。

コーティング剤は、常に自然の物理的化学的現象にしたがって被膜をつくり、被コーティング物=塗装に対して密着します。

各種ガラスコーティング剤が塗装表面に密着する仕組みをおさらいしながら、各種コーティング剤を検証してみます。

くわしくは→http://kirasaku-coating.blogspot.jp/2014/05/blog-post.html

オルガノポリシロキサンとは ~ガラスコーティング剤として~

オルガノポリシロキサンに関し、高分子タイプとそうではない低分子タイプによる無溶剤化について説明します。

「オルガノポリシロキサンによるガラスコーティング剤でも無溶剤のものがある。このブログ記事によると、オルガノポリシロキサンを原料としたガラスコーティング剤は、有機溶剤など石油系溶剤に溶かし込む必要があると書かれているが、どういうことなのか?」

このご質問にお答えいたします。
くわしくはこちらをご覧ください。→http://kirasaku-coating.blogspot.com/2014/03/blog-post_25.html