無機ガラスコーティングは温度変化に弱い

無機ガラスコーティングが温度変化による、メガネレンズや塗装との熱膨張率差を吸収しきれずに、クラックや剥離が発生しやすい理由と、透明性や耐久性・寿命に劣る例を紹介するとともに、プラスチックレンズのハードコートとして無機有機ハイブリッドコーティングが採用されれいる理由を紹介する。

メガネレンズのハードコートには、「無機有機ハイブリッドタイプ」のコーティングを採用しているそうです。

メガネレンズが無機コーティングを採用していない理由と、無機有機ハイブリッドタイプを採用している理由についてまとめてみました。

車のボディコートを同じような課題と対策を施しているようです。
くわしくはこちらをご覧ください。→ http://kirasaku-coating.blogspot.com/2015/02/blog-post_22.html

ガラスコーティングの耐久性と光沢 ~膜厚と多層化リスク~

ガラスコーティングの多層化や膜厚との光沢や艶との関係や、耐久性とのトレードオフと弊害について説明します。

ガラスコーティングの多層化や膜厚との光沢や艶との関係や、耐久性とのトレードオフと弊害について説明します。
くわしくはこちらをご覧ください。→http://kirasaku-coating.blogspot.com/2014/09/blog-post_14.html