フッ素コーティングの弱い耐久性と危険な無機フッ素コーティング

フッ素コーティングに関する密着性・耐久性について説明します。近年のフッ素コーティング撥水性低下の原因、フッ素ガラスコーティングの仕組みと、Si-O無機フッ素コーティングが可能なのかについて説明します。

フッ素コーティングに関する密着性・耐久性について説明します。近年のフッ素コーティング撥水性低下の原因、フッ素ガラスコーティングの仕組みと、Si-O無機フッ素コーティングが可能なのかについて説明します。

詳しくは→ http://coating.th-angel.com/2015/08/blog-post_5.html

フッ素コーティングの撥水性低下

フッ素の撥水が弱くなっている。環境保全や安全性の問題から規制されている、炭素数8以上のフッ素化合物の課題と現状について説明します。

フッ素の撥水が弱くなっている。
環境保全や安全性の問題から規制されている、炭素数8以上のフッ素化合物の課題と現状について説明します。

くわしくは→ http://coating.th-angel.com/2015/07/blog-post_27.html

コーティングの傷つきについて

コーティングにおける傷つきにくさに対する、硬さを求めるiPhoneのカバーガラスについてや、トヨタのセルフリストアリングコートや、日産のスクラッチシールドなど、自己修復についての考え方と、車コーティングに求める傷つきにくさについてまとめました。

近頃、傷がつきにくい物や、コーティングに関する話題が増えているように感じませんか?
耐傷性(傷のつきにくさ)を高める方法として、一般的には下記のように3つの方法が考えられているように思います。

  1. 組織が破壊されにくいように硬くする。
    例)車のガラスコーティング、iPhoneのゴリラガラス(将来サファイアガラス?)
  2. 組織が破壊されにくいようにしなやかにする。
    例)トヨタ:セルフリストアリングコート、日産:スクラッチシールド :ポリロタキサン、BMW:BMW自己修復性耐すり傷塗装
  3. 組織が破壊されても形状を回復する。
    これから実用化が期待される新しい取り組み

このような、傷つきにくさの考え方や取り組みをまとめてみました。
くわしくはこちらをご覧ください。→ http://kirasaku-coating.blogspot.jp/2015/02/blog-post_19.html

塗装工場でコーティング剤を使うと・・・

「塗装工場でコーティング剤を施工した場合、塗装あるいはコーティングの定着に影響があるのか?」や、「再塗装後のコーティングはできるのか?」というご質問についてお答えします。

「塗装工場でコーティング剤を施工した場合、塗装の定着に影響があるのか?」や、「再塗装後のコーティングはできるのか?」といったご質問にお答えします。

くわしくは弊社ブログをご覧ください。→http://kirasaku-coating.blogspot.com/2014/11/blog-post_15.html

フッ素コーティングとは ~撥水性・撥油性と汚れ~

フッ素コーティングとシリコーンコーティングにぇる表面張力(表面自由エネルギー)の違いと、撥水性・撥油性および、汚れのつき難さについて見てみましょう。

フッ素コーティングの特質などについては下記のブログをご覧ください。
フッ素コーティングとシリコーンコーティングにぇる表面張力(表面自由エネルギー)の違いと、撥水性・撥油性および、汚れのつき難さについて見てみましょう。

http://kirasaku-coating.blogspot.com/2014/08/3.html

フッ素コーティングについて ~ケイ素によるフッ素の密着について~

フッ素コーティングの特質などについては下記のブログをご覧ください。車におけるフッ素コーティングの仕組みをケイ素樹脂:シリコーンとフッ素樹脂の組み合わせにてご説明いたします。

フッ素コーティングの特質などについては下記のブログをご覧ください。
車におけるフッ素コーティングの仕組みをケイ素樹脂:シリコーンとフッ素樹脂の組み合わせにてご説明いたします。

http://kirasaku-coating.blogspot.com/2014/07/blog-post.html

コーティングの硬度 【鉛筆硬度とモース硬度】

コーティングの硬度 (鉛筆硬度とモース硬度)について、よくある間違いと硬度に関するお知らせです。

ご存知のように、特にガラスコーティングでは「被膜の硬度」にこだわった商品化がなされています。今回の降雪を機会に、コーティングにおける硬度について考えてみたいと思います。

ガラスコーティング「モース硬度7」の不思議
コーティング業界においては、モース硬度7のガラスコーティングをうたっているものも見受けられますね。ガラスよりも2段階も硬い、モース硬度7とはナイフの刃先でも傷つかないってことでしょうか。どういうものなんでしょうか?

たぶん、「モース硬度7のガラスコーティング」は何かの間違いだと思われます。

くわしくはこちらをご覧ください、→http://kirasaku-coating.blogspot.jp/2014/02/blog-post_17.html

キラサク ネットショップは引っ越ししました

キラサク ネットショップ引っ越し(url)に関するお知らせです。

利便性向上を目指して、キラサクコーティング ネットショップは引っ越ししました。
↓↓↓ 新しいURLは下記のとおりです ↓↓↓

(新URL)http://shop-th-angel.com/

キラサクコーティング ネットショップ

旧URL:http://kirasaku-shop.th-angel.com/

超撥水性コーティング

超撥水性コーティングに関するお知らせです。

自動車のボディや窓ガラスにおいて、「超撥水性コーティング」とはどのようなものなのでしょうか?

自動車のボディ塗装や窓ガラスは、艶のある塗装や透明な窓ガラスであり平滑な表面です。
平滑性の高い表面での超撥水の定義と実現の可能性についてまとめてみました。

くわしくはこちらをご覧ください。→ 超撥水性コーティング

コーティングとワックス

コーティングした後もワックスがけが必要か?についてのお知らせです。

昼休みに手元にある自動車一般ユーザー向け、「洗車と磨き」ノウハウをテーマにした解説本をつらつらと読んでいました。この本のQ&Aには以下のような内容がありました。

この本の中で、「コーティングした後もワックスがけが必要か?」というQ(質問)に対し、A(答え)について下記のようになっています。

くわしくはこちらから