コーティングとエンジンオイル (その1)

シリコーンレジンコーティングとエンジンオイルと対比して、コーティングの役割や特質を説明します。

シリコーンレジンコーティングに関して、これまでのブログ記事の書き方が解りにくいのかもしれませんが、ベースコート(ガラスコーティング)に対するトップコートとして、あるいは単体で直接塗装面に塗布してご利用いただけるシリコーンレジンコーティングが、硬化型であると思われていることがあるようなのです。

ブログの内容や商品のご説明がわかりにくくて申し訳ありません。

結論から申し上げますと、弊社のシリコーンレジンコーティングは、硬化型ではありません。

そこで、意外と似ているかも?!と日頃から思っている「自動車レシプロエンジンの潤滑」と対比しながら、塗装表面と、ベースコートおよびトップコートの役割と特質や、シリコーンレジンコーティングがどのようなものなのか?について、別の視点からみていきたいと思います。

くわしくはこちらをお読みください。→ http://kirasaku-coating.blogspot.com/2015/06/blog-post_14.html

ハイブリッドコーティング ~トップコートとして~

無機ガラスコーティングの欠点を補う、トップコートとして最高の機能性を発揮する「無機有機ハイブリッドコーティング」の役割と特徴について、くわしく説明いたします。

無機ガラスコーティングの欠点を補う、トップコートとして最高の機能性を発揮する「無機有機ハイブリッドコーティング」の役割と特徴について、くわしく説明いたします。→ http://kirasaku-coating.blogspot.jp/2015/06/blog-post.html

ガラスコーティングを補うコーティング剤 ~メンテナンス剤として~

ガラスコーティングを補うメンテナンス剤としてのシリコーンレジンコーティングの特徴をまとめました。

カーディテイリングショップやカーディーラーなどで、ガラスコーティングを施工されたお客さまより、普段のお手入れに使えるコーティング剤はありませんか?との問い合わせをいただくことがあります。

弊社では下記のような理由により、シリコーンレジンによるコーティングをオススメしております。そのポイントは、下記の3項目を挙げさせていただきます。
1.ガラスコーティングの無機汚れ固着を防ぐ
2.ガラスコーティングの防汚性(撥水性)を補う
3.ガラスコーティングの美観を補う

くわしくは、こちらをご覧ください。→ http://kirasaku-coating.blogspot.com/2014/11/blog-post.html

シリコーンレジンコーティングは滑らないから美しく高耐久です

シリコーンレジンコーティングは滑らないから美しく高耐久についてのお知らせです。

「滑りくい!これは高純度シリコーンレジンコーティングの特徴です。この滑りにくさが美しく高耐久であることの証です。」

このように滑りくい特徴があるため、滑べると危険なバイクのシート、自動車やご家庭の皮革シートや皮革ソファ、フローリング床、お風呂の床に使用しても安全でかつ耐久性の高いコーティングとしてご利用いただけるのです。

それではなぜシリコーンレジンコーティング表面は滑りにくいのでしょうか。
まずは、コーティングまたはワックス表面が「滑る」理由を考えてみましょう。

くわしくはこちらをご覧ください→ http://kirasaku-coating.blogspot.jp/2014/02/blog-post_23.html