カルナバワックスと鉱物油 (その2)

鉱物油エンジンオイルとカルナバロウワックスを対比させることで、天然由来原料を主としたワックスの特質をまとめました。

鉱物油エンジンオイルとカルナバロウワックスを対比させることで、天然由来原料を主としたワックスの特質をまとめました。

くわしくはこちらをお読みください。→ http://coating.th-angel.com/2015/06/blog-post_21.html

コーティングとワックス

コーティングした後もワックスがけが必要か?についてのお知らせです。

昼休みに手元にある自動車一般ユーザー向け、「洗車と磨き」ノウハウをテーマにした解説本をつらつらと読んでいました。この本のQ&Aには以下のような内容がありました。

この本の中で、「コーティングした後もワックスがけが必要か?」というQ(質問)に対し、A(答え)について下記のようになっています。

くわしくはこちらから

シリコーンコーティングとワックスの違い

コーティングとワックスの違いに関するお知らせです。

コーティングとワックスの違いについてまとめてみました。

カーワックスの主成分は炭化水素やカルボン酸といった有機物の油であり、カルナバワックス(カルナバロウ)のような天然物やパラフィンを合成したものです・・・その違いについてはコチラをご覧ください。

→ シリコーンコーティングとワックスの違い