無機ガラスコーティングは温度変化に弱い

無機ガラスコーティングが温度変化による、メガネレンズや塗装との熱膨張率差を吸収しきれずに、クラックや剥離が発生しやすい理由と、透明性や耐久性・寿命に劣る例を紹介するとともに、プラスチックレンズのハードコートとして無機有機ハイブリッドコーティングが採用されれいる理由を紹介する。

メガネレンズのハードコートには、「無機有機ハイブリッドタイプ」のコーティングを採用しているそうです。

メガネレンズが無機コーティングを採用していない理由と、無機有機ハイブリッドタイプを採用している理由についてまとめてみました。

車のボディコートを同じような課題と対策を施しているようです。
くわしくはこちらをご覧ください。→ http://kirasaku-coating.blogspot.com/2015/02/blog-post_22.html

SiO4だから硬い無機ガラスコーティングとは

「SiO2ではなく、SiO4無機ガラスコーティングは非常に硬いのである」とはどのような意味があるのかを、結晶ガラス、非結晶ガラスを例に考えてみました。

「SiO2ではなく、SiO4無機ガラスコーティングは非常に硬いのである」とはどのような意味があるのかを、結晶ガラス、非結晶ガラスを例に考えてみました。

ブログ記事はこちらです。→http://kirasaku-coating.blogspot.jp/2014/04/sio4.html

無機ガラスコーティングの耐久性 ~表面改質~

ポリシラザンなど無機ガラスコーティングの塗装など有機物への密着性・耐久性および、表面改質処理について説明し、コーティングにおける無機有機ハイブリッド化について展望します。

ポリシラザンなど無機ガラスコーティングの塗装など有機物への密着性・耐久性および、表面改質処理について説明し、コーティングにおける無機有機ハイブリッド化について展望します。

ちょっとショッキングな話です。

コーティング業界の一部では「無機質の最強バリア」みたいな文句が、何とかの一つ覚えのように宣伝されています。

いつものように結論から言います。

ポリシラザンなど無機ガラスコーティングは、塗装のような有機物に直接コーティング施工をした場合、密着力(耐久性)が弱いためコーティング被膜として残存できる時間が短いのです。

くわしくは→http://kirasaku-coating.blogspot.jp/2014/04/blog-post.html