ガラスコーティングの硬度について

ガラスコーティングの硬度についてのお知らせです。

ガラスコーティングなどコーティングの硬さに意味があるのか?というご質問をいただくことがあります。その際にお客さまから、下記の「例1.豆腐に貼った金箔VS箸」のようなたとえ話をお聞きしました。

人間が操作するお箸のパワーに対する豆腐や金箔の例が適正なのでしょうか?スケールが滅茶苦茶にかけ離れているような気がします。その他の例でその考え方の極端さを考えてみましょう。

くわしくはこちらをご覧ください → http://kirasaku-coating.blogspot.jp/2014/02/blog-post_18.html

コーティングの硬度 【鉛筆硬度とモース硬度】

コーティングの硬度 (鉛筆硬度とモース硬度)について、よくある間違いと硬度に関するお知らせです。

ご存知のように、特にガラスコーティングでは「被膜の硬度」にこだわった商品化がなされています。今回の降雪を機会に、コーティングにおける硬度について考えてみたいと思います。

ガラスコーティング「モース硬度7」の不思議
コーティング業界においては、モース硬度7のガラスコーティングをうたっているものも見受けられますね。ガラスよりも2段階も硬い、モース硬度7とはナイフの刃先でも傷つかないってことでしょうか。どういうものなんでしょうか?

たぶん、「モース硬度7のガラスコーティング」は何かの間違いだと思われます。

くわしくはこちらをご覧ください、→http://kirasaku-coating.blogspot.jp/2014/02/blog-post_17.html