ガラスコーティングの耐久性と光沢 ~膜厚と多層化リスク~

ガラスコーティングの多層化や膜厚との光沢や艶との関係や、耐久性とのトレードオフと弊害について説明します。

ガラスコーティングの多層化や膜厚との光沢や艶との関係や、耐久性とのトレードオフと弊害について説明します。
くわしくはこちらをご覧ください。→http://kirasaku-coating.blogspot.com/2014/09/blog-post_14.html

無機ガラスコーティングの耐久性 ~表面改質~

ポリシラザンなど無機ガラスコーティングの塗装など有機物への密着性・耐久性および、表面改質処理について説明し、コーティングにおける無機有機ハイブリッド化について展望します。

ポリシラザンなど無機ガラスコーティングの塗装など有機物への密着性・耐久性および、表面改質処理について説明し、コーティングにおける無機有機ハイブリッド化について展望します。

ちょっとショッキングな話です。

コーティング業界の一部では「無機質の最強バリア」みたいな文句が、何とかの一つ覚えのように宣伝されています。

いつものように結論から言います。

ポリシラザンなど無機ガラスコーティングは、塗装のような有機物に直接コーティング施工をした場合、密着力(耐久性)が弱いためコーティング被膜として残存できる時間が短いのです。

くわしくは→http://kirasaku-coating.blogspot.jp/2014/04/blog-post.html